オイルケアをやってみました。

長く良い状態でMunekawaのアイテムをお使いいただく為にも、ケアクリームを使った革のケアを定期的に(3、4カ月~6か月に1回程が望ましいです)行って頂く事をお勧めしております。

レザーケアクリーム -Munekawaオリジナル-(画像をクリックすると商品ページに遷移します)

 

Munekawaブランドオリジナルのケアクリームをご用意しておりますので、ご自身でケアをされても結構ですし、直営店にご持参頂ければ店頭スタッフがケアの対応をさせて頂きます。

 

実際、オイルケアがどのようなものなのかご存じない方もいらっしゃると思いますので、WEBスタッフが使用している【二つ折り財布[カード]Feel Card(内革ヌメ)】を使って実践してみました。

使い始めて2ヵ月程経過しています。少し早いですが初めてのオイルケアをやってみます。こちらの写真はケア前の写真です。

ケアクリームをとクロスを使ってケアをしていきます。

指先にクリームを少量取って、全体に馴染ませていきます。

縫製の部分は糸の縫い目の方向に併せて指でクリームを馴染ませます。

全体的にクリームが行き渡ったら、クロスを使ってクリームを馴染ませていきます。

完成です!クリームを塗った後は少し色が濃くなったような印象になりますが、徐々に落ち着いてきます。定期的に革を保湿する事で、革も長持ちしますし、深みのあるエイジングが進むと思います。

※革によってはシミや色落ちする場合もございますので、目立たない部分で試してからご使用下さい

 

先日、お電話でお客様からオイルケアのご相談をお受けいたしました。ご連絡を下さったお客様からは「オイルケアをお店でしてもらう時は一旦預けないといけないのでしょうか」「ケアしてもらうのにはどれくらい時間がかかりますか?」とのお問い合わせをいただきました。

確かに、店頭でのオイルケアについては所要時間などの記載がなく、ご不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。申し訳ございません。

 

ご紹介した通り、店頭でのオイルケアはとても短時間で終わるものでございますので、ご用事のついでに直営店にお寄りいただければ、すぐにご対応させて頂きます。どうぞお気軽にお越しください。

本日も皆様のお越しをお待ちしております。