おもてなしセレクション2017金賞。封筒型長財布Encase製作中。

本日の直営店の風景。
折り紙で折った鶴……と、思いきや、実はこれも革でできた折り鶴なんです。限界まで革を薄く漉く事でこんな事も出来てしまいます。

革を扱うために必要とされる繊細な技術がさりげなく盛り込まれた折り鶴。直営店にお越しの際は是非ご覧になってみてください。

—————–

 

先日ご案内しておりました通り、この度新商品として新たにカードケース「tuck」パスケース「slice」がラインナップに加わりました。

カードケース「tuck」

パスケース「slice」

Munekawaオンラインショップの商品ページもオープン致しました。直営店にも在庫のご用意がございます。

カードケース「tuck」の商品ページはこちら

パスケース「slice」の商品ページはこちら

 

 

新アイテムに加え、従来のアイテムも製作中です。
アトリエでは2017年おもてなしセレクション金賞を受賞致しました、封筒型長財布「Encase」を製作しています。

封筒型長財布「Encase」

Munekawaではお馴染みのアイテムとして、ご好評を頂いております。
金具を使用しない封筒のような形状にする事で、厚みの出ない薄型のデザインに仕上げています。

革財布、と聞いた時になんとなく「ゴツゴツと無骨」なイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。それも革製品の魅力の一つですが、Encaseはその名の通り、「封筒のように優しく物を包む」というコンセプトで製作しています。まるで、紙や布のようなフワリとした質感のイメージを目指しています。

一枚の革から紙のような質感、ゴツゴツした質感、最もその製品に適した質感を模索しながら制作にあたっています。
Encaseは完成いたしましたら、直営店に追加予定でございます。色々な革の質感を是非、実際に触って感じてみてください。

 

新商品のパスケース「slice」とセットでお使い頂くのもオススメです。ケースごとすっぽり収まるサイズ感です。

封筒型長財布「Encase」の詳細についてはこちら