革製品ムネカワMunekawa

  • カート

ワークショップのもよう 2017.10.22 |  製作風景  | 

いつもありがとうございます。

 

Munekawaのアトリエにて初となるワークショップを開催しました。

 

その様子をチラリとご紹介いたします。

 

【Munekawa・レザークラフト ワークショップ】

 

今回はMunekawaのレザーシューホーンキーリングを作っていただきます。

 

まずは革色とステッチの色をお選びいただきました。せっかくなので革は裏表違う色で。

 

 

 

さっそく選んだ革を裁断機で抜いていきます。

 

 

革と抜き型をセット。

 

 

このマシンは手を挟んで怪我をしないよう、必ず両手でしかプレスできないようになっています。

 

使ったことのないマシンを使うときはドキドキしますよね。

 

 

 

次に型で抜いた革を薄くします。そのままだと分厚くなってしまいますからね。マシンを調整しながらちょうどいい薄さに。

 

 

専用のノリを使って薄くした革を貼り合わせます。

 

 

つかったことのないヘラで塗るのが難しいところです。

 

 

貼り合わせたら、ノリが乾く前にあらかじめ革のクセをつけておきます。クセ付けの方向やコツもあるんですよ。

 

 

クセをつけたら、貼り合わせ面を美しくするために本抜きします。これで裁断面がピシッと綺麗に。

 

 

「さぁ縫製!」…の前に縫うための下ごしらえを。

 

念入れでステッチの位置を引いていきます。

 

 

次は針と糸を通すための穴を専用の金具で開けていきます。集中が必要な手間隙がかかる行程です。

 

 

 

針に糸をしっかり付けた後は、いよいよ手縫いの縫製です。タカハシによるデモンストレーションです。

 

 

手縫い用の器具「ウマ」で製品を挟んで両手でしっかりと縫っていきます。

 

 

縫う力が強すぎると糸や革が切れてしまうので、ちょうどいい塩梅の力を加えながら1穴づつしっかりと縫っていきます。

 

 

これもまた集中力のいる工程です。

 

 

止め縫いをした後、糸を焼き切る処理をします。火傷に気をつけてくださいね。

 

 

さぁ縫えました。ここまでくると完成系が見えてきて嬉しくなりますね。

 

 

 

次はコバを滑らかにするために磨きます。

 

 

 

今回のワークショップでは刻印も入れていただきました。せっかくですからね。

 

 

刻印入れもコツのいる工程です。位置を綺麗にするのも難しいですし、叩く力加減も大事です。強すぎると穴が空いちゃいますからね。

 

(あまった革でイヤホンホルダーをムネカワ代表がつくりました。記念のお土産です。)

 

 

次は専用の器具で金具を取り付けます。これも力具合が難しいところです。

 

 

さぁ!最後の工程です。

 

金具を取り付けてできた穴にキーリングを取り付けます。革を傷つけない向きが重要です。

 

 

できました!完成です。

 

 

お疲れ様でした。

 

 

とても良い感じです。

 

 

革の魅力、クラフトの魅力、作ることの楽しさ・難しさ、Munekawaのこだわりなども知っていただけるワークショップになったと思います。

 

 

また機会があれば是非開催したいと思っております。

 

「我こそは!」という方は是非ご参加いただければ幸いです。

ページトップへ