キャッシュレスの時代に合わせた使い方を。コインケースC&C 2019.01.19 |  商品のこと  |  小銭入れ

キャッシュレスという時代性に合わせた使い方

 
「キャッシュレス」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。
ヨーロッパや中国など海外では既に主流となっているオンライン上での決済サービスは、その利便性と手軽さ、年々増加する海外からの来日観光客の需要と共に日本でも日に日に浸透しつつある考え方です。

 

 

 
キャッシュレスという考え方とMunekawaの製品作りの思いには共通する部分があります。それは「かさ張らず機能的」であるということ。小銭入れでありながら同時にカードホルダーも持つコインケースC&Cもそうした便利さを伝えるアイテムの一つです。

 

 

 

「小銭入れ」を越えた利便性

 

 
C&Cの最大の特徴がコインケースでありながら必要なカード類も収納できるという点です。2つのカードホルダーには合わせて3枚~5枚程のカードが収納可能。クレジットカードでの支払いがメインの方や、定期券を利用する方は、ポケットに入れておけば日常の多くの場面をこれ一つで完結させる事ができます。

 


 
もう一つご紹介したい便利な使い方、それが小銭入れ部分に紙幣も一緒に収納するというものです。
小銭入れの裏ぶた部分に紙幣の先端を差し込み、マチの部分がマネークリップのように紙幣の抑えとして機能します。Munekawaのスタッフもこのように使用しています。

 

 

 

サブとしても、メインとしても。ライフスタイルに合わせた使い方を。

 

 

 
スマートフォンを使用してオンライン決済でお支払を済ませる方は、咄嗟に必要な現金やカード類を収めるメインの財布として十分に役割を果たす機能を持っています。手荷物を最小限に収めたい、というミニマリストの方にもおすすめの使い方です。

また「支払いは現金がメイン」「ある程度まとまった現金を持っていたい」という方には、メインの財布から現金を補充して持つサブの財布としてもお使いいただけます。お持ちのお気に入りの財布と一緒にお使い頂いても便利さを実感していただけると思います。

 

必需品を少なくして身軽に外出をしたい方。煩雑になりがちなお財布周りをコンパクトにまとめたい方には革製品を持つ楽しさを実感しながら便利に使って頂けるアイテムです。

 

 

ページトップへ