革製品ムネカワMunekawa

  • カート

封筒型長財布の製作風景・糸止め 2019.05.26 |  製作風景  |  財布

封筒型長財布の製作の様子です。縫製が終わった後の糸止めをしています。
 

 
今回の動画では縫製した後に糸が緩んでこないようにするための、糸止めという作業をしています。一度縫製が終わると表と裏から伸びている糸を同時に引っ張り、縫製のテンションが均一になるようにしています。
その後、電熱ペンを使って縫製が緩んでこないように糸を焼き切っています。電熱ペンを当てる位置が少しでもズレてしまうと革の表面を焼いてしまったり、横のステッチを焼き切ってしまったり、糸が浮いてしっかりと止まらないことが起きてしまいます。
 
糸止めはスピーディさと正確さが求められる大変な工程ですが、長くご愛用頂けるように一点一点、しっかりとお作りしております。
 
 

ページトップへ