革製品ムネカワMunekawa

  • カート

ラウンドウォレットの製作風景・ヘリ漉き 2019.05.29 |  製作風景  |  財布

ラウンドウォレット製作の様子です。
 

 
嵩張らない、スマートなラウンドウォレット。
厚みを可能な限り抑えるため、製作の際に革パーツが重なる箇所は部分的に「ヘリ漉き機」を使って漉いていきます。
 
動画では漉く幅と厚みを一定にするために、ヘリ漉き機に付属の2種類のガイドを用いて漉いています。
 
連続で漉いていくと次第に内部の刃周辺に革くずが溜まっていくので、機械左側のレバーを上げて革くずを下に落しています。
革くずが溜まってしまうと、くずが巻き上がり革パーツ表面を巻き込みキズをつけてしまう可能性があります。定期的に革くずを落として、シームレスに漉きが行えるよう調整しています。
 
漉きが甘いと再度漉かなければならず、薄く漉きすぎても革の耐久性に問題が出てしまうため、製作・使用ともに丁度良い厚みで設計しております。
製作に必要な革パーツが多い分、丁寧かつ効率的な作業が求められます。
 
長く愛着を持ってお使い頂ける製品づくりには、使用する道具や素材の細かなバランスが大切になっていきます。
 
 

ページトップへ