コインケース Undoのご紹介

直営店のディスプレイの折り鶴。

これ、紙ではなく、薄く漉いた革で折ったものなんです。

物作りに大切なこと、それはアイデアとユーモア。自由な発想が可能性を広げてくれます。「革」という一見無骨なイメージの素材も、私たちのアイデアやイメージにどこまでも応えてくれ、様々な表情を見せてくれます。

 

大国町の制作アトリエではコインケース Undo」の製作が完了しました。

 

一見して、丸みを帯びた柔和な印象のデザインのコインケース。小銭が沢山入るようには見えない、という印象を持たれる方もいらっしゃいます。

 

使用していくにつれ、革が柔らかくなることで、沢山の小銭が収納できるようになってきます。

単なるデザインではなく、タンニンなめし革の特性を活かした、経年変化を前提とした設計を大切にしています。

 

今回の製作でも、沢山完成いたしました。

直営店に既に到着していますので、ご興味のある方は是非ご来店ください。暑い日がつづいておりますので、くれぐれもお気をつけて。

 

コインケース Undoの商品ページはこちら