日本製オリジナル革製品ブランドMunekawa

  • カート

1999宗川佳弘が革製品製造販売を生業にすると決意
2000岐阜の工房に弟子入りをする
2001飲食店でアルバイトをし、ミシンを購入
2002大阪に戻り独学で製作を学ぶ
2003自作の革製品をフリーマーケットで販売し始める
2005フリーマーケットで声をかけてもらったことをきっかけに、取引先が広がる
2007大阪市大国町に店舗兼作業場を構え、オーダー品を中心に受注生産を行う
2008百貨店催事に初出店
2011オーダー品から、定番品を販売する形態に変更
2012各社百貨店催事に出店
2014大阪製ブランド受賞
2015大阪市西区肥後橋に直営店兼作業場を構える
2017おもてなしセレクション 金賞受賞

-創業の念い-

没頭し物作りを行う職人を見て憧れ、自分もそんな仕事をしたいと革製品を作る仕事を選びました。

ほとんどを独学で学び、作ったものが野外フリーマーケットで、初めて購入してもらえた時は、本当に感動がありました。

自分が作ったものをお客様に使ってもらえ、お金を頂ける状況は、満足感があり素晴らしい仕事だと感じました。

そう思う反面、この仕事を続ける中で、不安に感じていたのは「一人でできることには限界がある」ということ。

一人で全てをやり続けているような状況では、自分や家族に何か起きた時、すぐに無理が出てしまい

必然的に今を守る為だけの仕事をしてしまう自分の姿を容易に想像できました。

この仕事を続ける中で、収入、工賃、技術が向上せず、本当にやりたい物作りができない

そんな負のスパイラルに耐えきれず途中で挫折する同業も見てきました。

一度の人生で物作りを志したのなら、技術を向上させ良い物を作り、人に喜んでもらえる仕事をしたい。

そして、その状態を継続させたい。

それを実現するには「一人ではなく、互いに支え合えるチームで仕事に取り組む必要がある。」と考えるようになりました。

個の得意を活かし不得意を補い合うことで、それぞれの職務に好循環を作り

物作りを通して、 お客様に喜んでもらえる仕事をすることで、チーム一人一人の人生を心豊かなものにしたい。

これが Munekawa の創業の念いです。

 

We have to notice Atarimae

私たちが日々、物を作り販売活動ができることは、当たり前のことではありません。

共に働き、得意、不得意を補い合い喜びを共有できる仲間がいること。

稼いだお金を使い購入してくださるお客様がいること。

途切れる事なく材料を分けてもらえ、販売に協力してもらえる協力会社があること。

技術や能力を発揮し、物作りや販売ができる環境があること。

これら全てが欠けることなく関わってもらえることで

今、私たちが活動を継続し、存在できていることを忘れてはいけません。

共に働くスタッフ、お客様、協力会社、職場環境に感謝の心と謙虚な心を持ち

これからも良い関係が継続できるよう努める事が

Munekawaスタッフの「当たり前」です。


-経営理念-

“愛着”の感じられる物を作り

人を心豊かにすると共に

Munekawa全員の心豊かな人生を追求する

「愛着」は使う人が慣れ親しみ、その物の物質的価値以上の価値を感じられた時に芽生える感情です。

そんな愛着が感じられる物が一つあると、何気ない日常の中で、ふと心が癒されたり

ポジティブになれたり、自信が持てたり、心がプラスに変化します。

Munekawaの物作りを通して、そんな思いが芽生え、一人でも多くの人が心豊かになるよう

お役立ちする事が私達の存在意義です。

そして、スタッフ一人一人が、その存在意義に誇りを感じ、活動を行う事で、自身の時間や家族の時間を

心から楽しめる精神的安定と物質的安定を感じ、心豊かな人生にする事が、Munekawaが事業を行う目的です。

ページトップへ