日本製オリジナル革製品ブランドMunekawa

  • カート

2021.02.08 |  革について  | 

アルコール消毒液と革製品


ご時勢柄、アルコール消毒液を使用する機会が増えているかと思います。
 
 
今や、多くのお店の入り口に置かれていますし、携帯用のアルコール消毒液を持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。
 
 
こうしたアルコール消毒液を使用する時は、革の取り扱いには十分ご注意ください。
 
 
 

 
 
 
というのも、アルコールと革は非常に相性が悪い素材。
 
 
革に含まれる油脂を除去してしまい、アルコールが付着した部分にシミや色落ちが起こったり、ひどい時はただれたようなダメージの元になってしまいます。
 
 
Munekawaで使用しているブルーの革に、アルコール消毒液を付けて、しばらく置いてみました。
 
 
 

 
 
 
しばらくすると、このような跡になってしまいました。
 
 
 

 
 
 
革は、それ自体がとてもデリケートな素材。
 
 
アルコールや水濡れなど、注意しないといけない事がいくつかあります。
 
 
 

 
 
 
アルコール消毒の後は、しっかり手を拭いて乾燥させてから革に触れるようにしたり、携帯用のアルコール消毒がバッグの中でこぼれないように注意をしたり、少し注意をして頂くと良いかと思います。
 
 
Munekawaで使用している革の詳細については、下記ページにてご紹介しています。
 
 
是非ご覧になってみてください。
 
 
 
Leatherページはこちら
https://www.munekawa.jp/leather

ページトップへ