日本製オリジナル革製品ブランドMunekawa

  • カート

2021.06.26 |  製作風景  | 

裁断とキズ


裁断は、製品をつくる上で一番初めの工程です。

この段階で、できる限り傷をかわしながら裁断を行なっています。

生き物の皮を革にしていますので、一つ一つ個性があります。

その個性を活かしながらの裁断になります。

キズ以外にもシミや繊維による割れも要注意な部分です。

ですが、それらを全て省いて製品にしているのではありません。

見えにくい部分や、隠れてしまう部分に入るように裁断していきます。

もちろん、ここはNG、ここはOKの線引きが、しっかりできるスタッフに任せる工程です。

ここは裁断前に何度も慎重に確認しながら進めていきます。

このような抜き型をプレスすることで裁断します。

一般的には「抜き型」と言うようですが、関西では「タガネ」と読んでいます。

同じ業界でも、地域がらや独自の呼び名があり、話が噛み合わない事がシバシバあります。

ページトップへ