日本製オリジナル革製品ブランドMunekawa

  • カート

2021.09.07 |  修理について  | 

自分でコバ磨き


コバ磨き

 

長く財布を使っていると、コバ(裁断面)が毛羽だって来ます。

そんな時は、自分で磨く事ができます。

↓こちらが、毛羽だったコバです。

綺麗にする為には、コバの目止め剤を使うと綺麗に毛羽立ちを抑えやすいです。

東急ハンズやクラフト系のショップでほぼ取り扱われている、トコノールでを使うと良いと思います。

もし、入手できなければ、お水でもかまいません。

(目止め液を瓶の蓋に少しとり出した状態↑です。)

トコノールもしくは水を指に付け、コバに薄く塗り伸ばします。

その後、クロスで磨いていきます。

(柔らかい布でしたら、どのような物でも構いません。)

あまり、強く磨きすぎるとコバが開いてきますので、初めは、軽くからはじめてください。

水分がなくなってきたら、指感触で毛羽立ちがなければ、完了です。

このように綺麗に仕上がります。

注)コバに目止め液や水を塗るときは、できる限りはみ出さないようにし、はみ出した場合は、早い段階で拭き取ってください。

 

自分でするから愛着が

 

レザーケアだけでなく、コバ(裁断面)もケアしてあげることで、耐久性は上がります。

コバが綺麗と見た目が引き締まります。

靴磨きと同じような感覚で、やり終えた後に、愛おしさが増してきます。

革製品を育てるとよく言いますが、本当ですね。

 

また、長く使って頂く為にでいることを、ブログでUPしていきますね。

 

 

限定品やキャンペーンの告知はインスタグラムとメールマガジンでお知らせしております。

よろしければ、下記よりフォロー・登録お願い致します。

instagram

メールマガジン登録

 

ページトップへ