革製品ムネカワMunekawa

  • カート

マウスパッドMP500の製作風景の動画を公開しました。 2019.04.07 |  製作風景  |  革小物

 

重くすることで変わらない使い心地を実現しました。

 

 
Munekawaのステーショナリーアイテムの中でも長くご好評いただいているマウスパッド MP500の製作風景です。
 

マウスパッドは長く使っていると裏面が摩耗して、滑り止めが効かなくなってくる事があります。Munekawaのマウスパッドは重さ500グラムのスチール板を芯材として採用する事で、マウスパッドそのものの重さで滑りにくくするようにしています。
 

動画では、スチール板を2枚のレザーで挟み込んで、フチに沿って縫製をしているところです。硬い素材にレザーを縫い合わせていくので、縫製の位置が少しでもずれると製品や設備の破損に繋がる恐れがあります。ミリ単位で位置を調整し縫い合わていきます。
 

 
フルレザーで惜しみなく革を使用しているからこそ、感じられる革のエイジング。デスクワークの合間に楽しんでいただければと思います。
 

 

ページトップへ