革製品ムネカワMunekawa

  • カート

L字ファスナー財布の製作・コバの仕上げ 2019.06.09 |  製作風景  |  財布

MunekawaのL字ファスナー財布の製作風景です。動画では側面のコバの仕上げを行っています。
 
 

 
 

グラインダーと紙やすりを使い表面の凹凸を均した後、染料を入れます。均一に染料が入れられたら、「トコノール」という仕上材を縫っていきます。
 
この時点では革にはまだ毛羽立ちがわずかに残っています。トコノールはこうした毛羽立ちを抑えながら、ツヤを出し、コバ部分を保護してくれる役割を持っています。
 
最後にトコノールを塗った部分を磨いていきます。トコノールが半乾きくらいのタイミングで磨いていく事で美しく仕上がります。
 
塗り過ぎると乾きが遅くなったり、はみ出してしまうとシミになってしまう可能性がありますので、適量を正確に塗っていきます。
 
 

 
コバ磨きはMunekawaでは大切にしている工程の一つ。細部を丁寧で仕上げる事で長く、綺麗に使えるアイテムが完成します。
 
 

ページトップへ