日本製オリジナル革製品ブランドMunekawa

  • カート

2021.07.26 |  製作風景  | 

週末の工房


こんにちは、製作スタッフの森です!

 

一般的には4連休の最終日、工房の様子です。

 

髙橋と小西はキーケース、岩本と森はトートバッグ、同時進行で製作を進めておりました。

 

髙橋は、キーケースの胴とマチの縫製。

縫い目の間隔を均等に早く縫っていきます。

今回はJUKI DSC-246 総合送りの腕ミシンを使用。

 

小西は、豚革の裁断。

キズや繊維の方向など、革の状態を確認しながら裁断場所を決めています。

 

岩本は、バック開口部の縫製。

SEIKOの極厚物用ミシンは、生地と革が重なって厚くなる場所も安心して縫えます。

小物も縫える万能ミシンです。

 

森は、縫製後の糸どめ。

電気ペンを使い、糸を溶かし先が玉になるまで熱し、焼き止めます。

そうすることで、糸がほつれにくくなります。

 

工程ごとに担当はなく、一人一人が全ての作業を行います。

 

今日も元気に製作中です!

 

 

Key case “Bell M”

https://www.munekawa.jp/product?colorme_item=114952180

Airy Tote

https://www.munekawa.jp/product?colorme_item=161635884

ページトップへ