革製品ムネカワMunekawa

  • カート

定番の名刺入れ 2019.11.02 |  商品のこと  |  革小物

名刺入れというと、大体この形の名刺入れが多いと思います。
だからこそ、作りや素材が重要になってくると考えています。
 
 
この仕事をしていると、プライベートでも名刺や財布が売られているとついつい見てしまいます。その中でも同じような形の名刺入れはよく見ます。そういった物と比べてみても、Munekawaの名刺入れは、玄人向きだと思います。
 
 

名刺入れ Through

 
 
というのも、革を使っていたら良いというような素材の選び方をしていないからです。革にも、傷に強い革、水に強い革、汚れにくい革、さまざまあります。
 
 
この名刺入れは、傷、水、汚れすべてに影響を受けます。
そもそも、革ですから当たり前といえば当たり前のことなんですけど、いろいろと革の加工の技術が上がって耐性があるものがたくさんできたことで、それらをマイナス面として認識されている方も多くなってきました。
 
その技術が進んだ分、本来の革の楽しみを得ることができないというようなことも起こっています。手触りであったり、表情であったり、経年変化であったりを犠牲にしてしまっていることもあります。
 
 
長年革を扱ってきてもMunekawaで使っている革は未だに良い革だと思います。
だからこそ、10数年素材を変えず作り続けているのだと思います。
 
先ほど、傷、水、汚れに影響を受けるといいましたが、弱い訳ではありません。影響を受けるだけで十分に使えます。適切に使って頂ければ、使って数年後にはこの名刺入れにして良かったと思ってもらえると思います。
 
 

 
 
お仕事関係の方やご家族、親しい関係の方にプレゼントに名刺入れを選ばれる事も多いと思います。せっかくのプレゼントを喜んでもらいたい思いが強くなって、選ぶことに不安を感じることもあると思いますが、Munekawaはそんな不安を少しでも解消できるよう名刺入れThroughに限らず、丁寧にラッピングし、万一の修理も必ずお受けいたします。
 
また、WEBサイトからのご注文でもプレゼントラッピングの際は紙袋も一緒にお送りしますので、ご来店時と同じような状態でお渡し頂けますのでご安心ください。
 
 

 
 

ページトップへ